BUNGO-bun GO! テキスト一覧 参考資料
  • 表示しない
  • 旧仮名遣い
  • 新仮名遣い
  • はるはあけぼの(枕草子まくらのそうし

    はるは、あけぼの。うしろくなりゆくやま、すこしかりて、むらさきだちたるくもの、ほそくたなびきたる。

    なつは、よるつきのころはさらなり。やみもなほたるおおおほびちがたる。また、ただひとふたつなど、ほのかにうちひかりてくも、かし。あめなどるも、かし。

    あきは、ゆうゆふぐれゆうゆふのさして、やまいとちこちかうなりたるに、からすどころへくとて、つ、ふたつなど、びいそぐされなり。まいて、かりなどのつらねたるが、いとちいちひさくゆるは、いとかし。りはてて、かぜおとむしなど、はた、べきにあらず。

    ふゆは、つとめて。ゆきりたるは、べきにもあらず。しものいとしろきも。またさらでも、いとさむきに、などいそぎおこして、すみ持てわたるも、いとつきづきし。ひるになりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶ひおけひをけも、しろはいはひがちになりて、わろし。

    本文ほんぶん説明せつめい

    1: はるは、あけぼの。
    • あけぼのよるけるころ
    はるは、がた 現代語訳を表示
    2: しろくなりゆくやま、すこしかりて、むらさきだちたるくもほそくたなびきたる
    • 漸うだんだんに。次第しだいに。
    • しろし著しはっきりしている。
    • やまぎ山際そらやませっする部分ぶぶん
    • あかる明かるあかるくなる。
    • むらさきだつ紫だつむらさきがかる。むらさきのようにえる。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • たなびく棚引くよこながただよう。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    だんだんにはっきりしていくやま稜線りょうせんちかそらが、すこあかるくなって、むらさきがかったくもが、よこ細長ほそながくかかっている(がた)。 現代語訳を表示
    3: なつは、よる
    なつは、よる 現代語訳を表示
    4: つきころはさらなり
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • さらなり更なり形動うまでもない。もちろんだ。
    つきているころよるはもちろんである。 現代語訳を表示
    5: やみほたるおおおほびちがたる
    • やみつきのないよる闇夜やみよ
    • 猶・尚やはり。
    • ほたるホタル昆虫こんちゅう暗所あんしょ青白あおじろひかりはっする。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    闇夜やみよもやはり、ほたるがたくさんっている(よるは)。 現代語訳を表示
    6: また、ただひとふたつなど、ほのかにうちひかりてくも、かし
    • ほのかなり仄かなり形動かすかだ。ぼんやりしている。
    • うち〜接頭ちょっと。ふと。
    • かしおもむきがある。風情ふぜいがある。
    また、ほたるがただひとふたつなど、かすかにひかってんでくのもおもむきがある。 現代語訳を表示
    7: あめなどるも、かし
    • かしおもむきがある。風情ふぜいがある。
    あめなどるのも風情ふぜいがある。 現代語訳を表示
    8: あきは、ゆうゆふぐれ
    あきは、夕暮ゆうぐれ。 現代語訳を表示
    9: ゆうゆふさして、やまいとちこちかうなりたるからすどころへとてつ、ふたつなど、びいそぐれなり
    • 格助主格しゅかく…が。
    • やまのは山の端やまそらせっする部分ぶぶん
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • 格助とき…に。…ときに。
    • からすカラスとりおおくは全身ぜんしんくろい。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • とて格助目的もくてき…という目的もくてきで。
    • 副助類推るいすい…さえ。
    • れなり形動情趣じょうしゅふかい。感動的かんどうてきだ。
    夕日ゆうひって、やましずもうとしているころに、からすどころへこうとして、三羽さんわ四羽よんわ二羽にわ三羽さんわなど、いそいでんでいくのさえ情趣じょうしゅかんじられる。 現代語訳を表示
    10: まいて、かりなどつらねたるいとちいちひさくゆるは、いとかし
    • まいてまして。
    • かりガン。カモとりあき北方ほっぽうから飛来ひらいする。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • つらぬ列ぬれつつくる。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    • みゆ見ゆえる。
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    • かしおもむきがある。風情ふぜいがある。
    まして、かりなどがれつをなしてんでいるのがとてもちいさくえるのは、たいそうおもむきがある。 現代語訳を表示
    11: はてて、かぜおとむしなど、はたべきにあらず。
    • いる入るはいる。かくれる。
    • 〜はつ〜果つ補動すっかり~しわる。
    • はたまた。
    • べきにあらず言ふべきにあらず連語うまでもない。もちろんだ。
    がすっかりれてしまって、かぜおとむしなどがこえるのは、また、うまでもない。 現代語訳を表示
    12: ふゆは、つとめて ふゆは、早朝そうちょう 現代語訳を表示 13: ゆきたるは、べきにもあらず。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • べきにもあらず言ふべきにもあらず連語うまでもない。もちろんだ。
    ゆきもっている早朝そうちょうは、うまでもない。 現代語訳を表示
    14: しもいとしろきも。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    しもしろにおりているのも(いい)。 現代語訳を表示
    15: またさらも、いとさむなどいそぎおこして、すみもてわたるも、いとつきづきし
    • さり然りそうだ。そのとおりだ。
    • 接助打消うちけし接続せつぞく…ないで。…なくて。
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    • 接助原因げんいん理由りゆう…ので。…から。
    • もてわたる持て渡るってく。
    • いととても。非常ひじょうに。ほんとうに。
    • つきづきしふさわしい。似合にあっている。
    またそうでなくても、ひどくさむいので、などいそいでおこして、すみってくのも、まさにふゆ早朝そうちょうにふさわしいかんじがする。 現代語訳を表示
    16: ひるなりて、ぬるくゆるびもていけ火桶ひおけひをけも、しろはいはひがちになりて、わろし
    • 格助変化へんか結果けっか…に。
    • なる成る変化へんかする。なる。
    • ゆるぶ緩ぶゆるむ。
    • 〜もていく補動だんだんに~ていく。
    • 接助恒常こうじょう条件じょうけん…と。…ときはいつも。
    • 火桶円筒形えんとうけい暖房だんぼう器具きぐまる火鉢ひばち
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • がちなり灰がちなり形動はいおお状態じょうたいである。
    • なる成る変化へんかする。なる。
    • わろし悪しよくない。
    ひるになって、だんだんにあたたかくなりさむさがゆるんでいくと、火桶ひおけも、しろはいおおくなって、よくない。 現代語訳を表示

    現代語訳げんだいごやく

    はるは、がた。だんだんにはっきりしていくやま稜線りょうせんちかそらが、すこあかるくなって、むらさきがかったくもが、よこ細長ほそながくかかっている(がた)。

    なつは、よるつきているころよるはもちろんである。闇夜やみよもやはり、ほたるがたくさんっている(よるは)。また、ほたるがただひとふたつなど、かすかにひかってんでくのもおもむきがある。あめなどるのも風情ふぜいがある。

    あきは、夕暮ゆうぐれ。夕日ゆうひって、やましずもうとしているころに、からすどころへこうとして、三羽さんわ四羽よんわ二羽にわ三羽さんわなど、いそいでんでいくのさえ情趣じょうしゅかんじられる。まして、かりなどがれつをなしてんでいるのがとてもちいさくえるのは、たいそうおもむきがある。がすっかりれてしまって、かぜおとむしなどがこえるのは、また、うまでもない。

    ふゆは、早朝そうちょうゆきもっている早朝そうちょうは、うまでもない。しもしろにおりているのも(いい)。またそうでなくても、ひどくさむいので、などいそいでおこして、すみってくのも、まさにふゆ早朝そうちょうにふさわしいかんじがする。ひるになって、だんだんにあたたかくなりさむさがゆるんでいくと、火桶ひおけも、しろはいおおくなって、よくない。