BUNGO-bun GO! テキスト一覧 参考資料
  • 表示しない
  • 旧仮名遣い
  • 新仮名遣い
  • 翻訳ほんやく苦心談くしんだん 2:連城れんじょうたま蘭学らんがく事始ことはじめ

    またはなのところにて、「フルヘッヘンドせしものなり」とあるにいたりしに、このわからず。これは如何いかなることにてあるべきとかんがしに、如何いかんともせんうなし。そのころールデンブック(釈字書しゃくじしょ)といものなし。ようややうや長崎ながさきより良沢りょうたくりゃうたくもとかえかへりし簡略かんりゃくなるいち小冊しょうさつせうさつありしを見合みあわみあはせたるに、フルヘッヘンドの釈註しゃくちゅうに、えだれば、そのあとフルヘッヘンドをなし、またにわには掃除そうじさうぢすれば、その塵土じんどあつまりフルヘッヘンドすというにだせり。これは如何いかなる意味いみなるべしと、またれいごとくこじつけかんがあ(お)に、わきまかねたり。ときに、おきなおもに、「えだりたるあとゆればうずたかうづたかくなり、また掃除そうじさうぢして塵土じんどあつまればこれもうずたかうづたかくなるなり。はな面中めんちゅうりて堆起たいきせるものなれば、フルヘッヘンドは堆(ウタカシ)といことなるべし。しかればこのうずたかしうづたかしやくしては如何いかん」とければ、各々おのおのこれをきて、「はなはもっともなり。うずたかしうづたかしやくさば正当せいとうせいたうすべし」と決定けっていせり。そのときうれしさは、なににたとんかたもなく、連城れんじょうれんじゃうたまをも心地ここちせり。

    本文ほんぶん説明せつめい

    1: またはなところにて
    • ある或るある。物事ものごと漠然ばくぜんして言葉ことば
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • にて格助場所ばしょ…で。…において。
    またあるはなのところで、 現代語訳を表示
    2: 「フルヘッヘンドせものなり」とあるいた
    • 助動過去かこ…た。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • ありある。いる。
    • 格助到達点とうたつてん…に。
    • 助動過去かこ…た。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…が。…と。…ところ。
    「フルヘッヘンドしたものである」とある箇所かしょいたったが、 現代語訳を表示
    3: このわから
    • 助動打消うちけし…ない。
    この言葉ことばがわからない。 現代語訳を表示
    4: これは如何いかなることあるべきかんが
    • いかなり如何なり形動どうだ。どのようだ。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • 〜あり補動〜である。~状態じょうたいである。
    • べし助動推量すいりょう…だろう。…にちがいない。
    • 助動過去かこ…た。
    • 接助逆接ぎゃくせつ…けれども。…のに。
    これはどういうことなのだろうとかんがったが、 現代語訳を表示
    5: 如何いかんともなし
    • いかん如何どう。どのように。
    • する。
    • む(ん)助動婉曲えんきょく仮定かてい…ような。…としたら、その。
    • 手段しゅだん方法ほうほう
    • なし無しない。存在そんざいしない。
    どうにもしようがない。 現代語訳を表示
    6: そのころールデンブック(釈字書しゃくじしょ)といものなし
    • なし無しない。存在そんざいしない。
    そのころ辞書じしょというものはない。 現代語訳を表示
    7: ようややうや長崎ながさきより良沢りょうたくりゃうたくもとかえかへ
    • うやく漸くやっと。かろうじて。
    • ながさき長崎地名ちめい現在げんざい長崎市ながさきし中心ちゅうしん鎖国さこく時代じだいには日本にほん唯一ゆいいつ貿易ぼうえきこうち、出島でじまにオランダ商館しょうかんがあった。
    • より格助空間的くうかんてき起点きてん…から。
    • りゃうたく良沢前野まえの良沢りょうたく。1723-1803。江戸えど中期ちゅうき蘭方らんぽう。『解体新書かいたいしんしょ』の翻訳者ほんやくしゃ一人ひとり
    • 助動過去かこ…た。
    ようやく長崎ながさきから良沢りょうたくもとめてかえった 現代語訳を表示
    8: 簡略かんりゃくなるいち小冊しょうさつせうさつあり見合みあわみあはたる
    • かんりゃくなり簡略なり形動簡単かんたんくわしくない。
    • しょうさつ小冊小冊子しょうさっしちいさいほん
    • ありある。いる。
    • 助動過去かこ…た。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • たり助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…が。…と。…ところ。
    簡略かんりゃくな一さつちいさいほんがあったのを参照さんしょうしたところ、 現代語訳を表示
    9: フルヘッヘンド釈註しゃくちゅう
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • しゃくちゅう釈註注釈ちゅうしゃく
    • 格助場所ばしょ…に。…で。
    フルヘッヘンドの注釈ちゅうしゃくにおいて、 現代語訳を表示
    10: えだ、そのあとフルヘッヘンドなし
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • たつ断つる。切断せつだんする。
    • 〜さる〜去る補動はなす。
    • 接助恒常こうじょう条件じょうけん…と。…ときはいつも。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • なす成すつくる。形成けいせいする。
    えだとすと、そのあとはフルヘッヘンドをなし、 現代語訳を表示
    11: またにわには掃除そうじさうぢすれ、その塵土じんどあつまりフルヘッヘンドすといだせ
    • 格助対象たいしょう…を。
    • 接助恒常こうじょう条件じょうけん…と。…ときはいつも。
    • じんど塵土ごみやつち
    • あつまる聚まるあつまる。
    • 様子ようす。ありさま。
    • 格助状態じょうたい…に。…の状態じょうたいで。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    またにわ掃除そうじすると、そのちりつちあつまってフルヘッヘンドするというように解読かいどくできた。 現代語訳を表示
    12: これは如何いかなる意味いみなるべしと、またれいごとこじつけかんがあ(お)
    • いかなり如何なり形動どうだ。どのようだ。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • べし助動推量すいりょう…だろう。…にちがいない。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • ごとし如し助動比況ひきょう…ようだ。
    • こじつくこじつける。無理むり解釈かいしゃくする。
    • 接助逆接ぎゃくせつ確定かくてい条件じょうけん…けれども。…のに。
    これはどういう意味いみであろうと、またれいのように無理むり解釈かいしゃくしてかんがったが、 現代語訳を表示
    13: わきまかねたり
    • わきまふま(も)う弁ふ理解りかいする。ものの道理どうりこころる。
    • 〜かぬ補動~かねる。~ことができない。
    • たり助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    理解りかいできなかった。 現代語訳を表示
    14: ときおきなおも
    • 格助とき…に。…ときに。
    • おきなわし。自分じぶん
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…が。…と。…ところ。
    そのときに、わたしおもうには、 現代語訳を表示
    15: えだたるあとゆれうずたかうづたかなり
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • たり助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    • いゆ癒ゆなおる。回復かいふくする。
    • 接助恒常こうじょう条件じょうけん…と。…ときはいつも。
    • たかし堆しがっている。
    • なる成る変化へんかする。なる。
    えだったあと回復かいふくするとがり、 現代語訳を表示
    16: また掃除そうじさうぢして塵土じんどあつまれこれもうずたかうづたかなるなり
    • じんど塵土ごみやつち
    • あつまる聚まるあつまる。
    • 接助恒常こうじょう条件じょうけん…と。…ときはいつも。
    • たかし堆しがっている。
    • なる成る変化へんかする。なる。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    また掃除そうじしてちりつちあつまるとこれもたかもるのである。 現代語訳を表示
    17: はな面中めんちゅう堆起たいきものなれ
    • めんちゅう面中かおなか
    • 格助場所ばしょ…に。…で。
    • ありある。いる。
    • たいきす堆起すがる。
    • 助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • 接助原因げんいん理由りゆう…から。…ので。
    はなかおなか存在そんざいしてがっているものであるから、 現代語訳を表示
    18: フルヘッヘンドは堆(ウタカシ)といことなるべし
    • たかし堆しがっている。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • べし助動推量すいりょう…だろう。…にちがいない。
    フルヘッヘンドはがっているということであろう。 現代語訳を表示
    19: しかればこのうずたかしうづたかしやくしては如何いかん」とけれ
    • しかれば然ればだから。そうであるから。
    • たかし堆しがっている。
    • いかん如何どう。どのように。
    • けり助動過去かこ…た。…たそうだ。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…と。…ところ。
    だから、この言葉ことばがっているとやくしてはどうだろう」とったところ、 現代語訳を表示
    20: 各々おのおのこれきて、
    • おのおの各々それぞれ。各人かくじん
    • 格助対象たいしょう…を。
    各人かくじんはこれをいて、 現代語訳を表示
    21: はなはもっともなりうずたかしうづたかしやく正当せいとうせいたうべし」と決定けってい
    • はなはだ甚だ非常ひじょうに。きわめて。
    • もっともなり尤もなり形動道理どうりだ。そのとおりだ。
    • たかし堆しがっている。
    • 接助順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ならば。「ば」が未然形みぜんけいとき順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけん
    • せいたうす正当すたる。ただしくなる。
    • べし助動推量すいりょう…だろう。…にちがいない。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    「まったくそのとおりだ。がっているとやくすならぴったりだろう」と解釈かいしゃくさだまった。 現代語訳を表示
    22: そのときうれしさは、なにたとかたなく
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • 格助対象たいしょう…に。
    • たと譬ふ・喩ふたとえる。ほかの物事ものごとになぞらえてう。
    • む(ん)助動婉曲えんきょく仮定かてい…ような。…としたら、その。
    • かた方法ほうほう手段しゅだん
    • なし無しない。存在そんざいしない。
    そのときうれしさは、なににたとえようもなく、 現代語訳を表示
    23: 連城れんじょうれんじゃうたま心地ここち
    • れんじうのたま連城の玉連語おおくのしろ交換こうかんするほどの価値かちのある宝石ほうせき無上むじょうたから中国ちゅうごく戦国時代せんごくじだいしん昭王しょうおうちょう恵王けいおう宝玉ほうぎょくを15のしろ交換こうかんしようともうれたという故事こじ(『史記しき』)による。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • る。れる。
    • 助動過去かこ…た。
    • ここち心地気持きもち。気分きぶん
    • する。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    非常ひじょう価値かちのある宝玉ほうぎょくをもれたようながした。 現代語訳を表示

    現代語訳げんだいごやく

    またあるはなのところで、「フルヘッヘンドしたものである」とある箇所かしょいたったが、この言葉ことばがわからない。これはどういうことなのだろうとかんがったが、どうにもしようがない。そのころ辞書じしょというものはない。ようやく長崎ながさきから良沢りょうたくもとめてかえった簡略かんりゃくな一さつちいさいほんがあったのを参照さんしょうしたところ、フルヘッヘンドの注釈ちゅうしゃくにおいて、えだとすと、そのあとはフルヘッヘンドをなし、またにわ掃除そうじすると、そのちりつちあつまってフルヘッヘンドするというように解読かいどくできた。これはどういう意味いみであろうと、またれいのように無理むり解釈かいしゃくしてかんがったが、理解りかいできなかった。そのときに、わたしおもうには、「えだったあと回復かいふくするとがり、また掃除そうじしてちりつちあつまるとこれもたかもるのである。はなかおなか存在そんざいしてがっているものであるから、フルヘッヘンドはがっているということであろう。だから、この言葉ことばがっているとやくしてはどうだろう」とったところ、各人かくじんはこれをいて、「まったくそのとおりだ。がっているとやくすならぴったりだろう」と解釈かいしゃくさだまった。そのときうれしさは、なににたとえようもなく、非常ひじょう価値かちのある宝玉ほうぎょくをもれたようながした。