BUNGO-bun GO! テキスト一覧 参考資料
  • 表示しない
  • 旧仮名遣い
  • 新仮名遣い
  • 忠度ただのりの都落みやこおち1:落人おちゅうど平家物語へいけものがたり

    薩摩守さつまのかみ忠度ただのりは、いくよりやかえかへられたりけん、さぶらいさぶらひ五騎ごきわらわわらは一人いちにん、わがともに七騎しちきッてかえかへし、五条ごじょうごでう三位さんみ俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃう宿所しゅくしょにおして見給みたまば、門戸もんこひらかず。「忠度ただのり」とのりたまば、「落人おちゅうとおちうとかえかへりきたり」とて、そのうちさわぎあり。薩摩守さつまのかみうまよりり、みからたからかにのたまけるは、「べち子細しさいそうらさうらず。三位殿さんみどのもうまうすべきことあッて、忠度ただのりかえかへまいまゐッてそうら(ろ)さうらかどひらかれずとも、このまでらせたま」とのたまば、俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃう、「さることあるらん。其人そのひとならばくるしかるまじ。もうまうせ」とて、かどをあけて対面たいめんあり。ことていなにあわあはれなり。

    薩摩守さつまのかみのたまけるは、「年来としごろもうまううけたまわうけたまはッてのち、おろかならぬ御事おんことおもらせそうらさうらども、この二三年にさんねん京都きょうときゃうとのさわぎ、国々くにぐにみだれ、しかしながら当家とうけたうけうえうへことそうら(ろ)さうらあいだあひだ疎略そらくぞんぜずといども、つねまいまゐことそうらさうらず。きみすでみやこでさせたまぬ。一門いちもん運命うんめいはやそうらさうらぬ。撰集せんじゅうせんじふのあるべきよしうけたまわうけたまはそうらさうらしかば、生涯しょうがいしゃうがい面目めんぼくに、一首いっしゅなりとも御恩ごおんうぶうどぞんじてそうらさうらしに、やがてみだできて、その沙汰さたなくそうら(ろ)さうらじょうでう、ただ一身いっしんなげきとぞんずるぞうら(ろ)ざうらまりそうらさうらなば、勅撰ちょくせん御沙汰ごさたそうらさうらんずらむ。これそうら(ろ)さうら巻物まきもののうちに、さりぬべきものそうらさうらば、一首いっしゅなりとも御恩ごおんこうぶかうぶッて、くさかげにてもうれしとぞんそうらさうらば、とおとほおんまもりでこそそうらさうらんずれ」とて、日比ひごろみおかれたるうたどものなかに、秀歌しゅうかしうかとおぼしきを百余首ひゃくよしゅきあつめられたる巻物まきものを、いまはとてうッたたれけるときこれをとッてもたれたりしが、よろいよろひのひきあせよりでて、俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃうたてまつる。

    本文ほんぶん説明せつめい

    1: 薩摩守さつまのかみ忠度ただのりは、よりかえかへたりけん
    • さつまのかみただのり薩摩守忠度平忠度たいらのただのり平安へいあん末期まっき武将ぶしょう歌人かじん薩摩さつま現在げんざい鹿児島県かごしまけん)のくに長官ちょうかんにんじられていたのでこのようにばれる。
    • 何処どこ。どちら。
    • より格助空間的くうかんてき起点きてん…から。
    • 係助疑問ぎもん…か。…だろうか。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • たり助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    • けむ(けん)助動過去かこ推量すいりょう…ただろう。
    薩摩守さつまのかみ忠度ただのりは、どこからもどってこられたのだろうか、 現代語訳を表示
    2: さぶらいさぶらひ五騎ごきわらわわらは一人いちにんともに七騎しちきッてかえかへし、
    • さぶら武士ぶし武人ぶじん
    • 〜き接尾うまったひとかぞえるとき使つか助数詞じょすうし
    • わら元服げんぷく以前いぜん子供こども
    • 我・吾自分じぶん
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • からだ。身体しんたい
    • 〜き接尾うまったひとかぞえるとき使つか助数詞じょすうし
    • とってか取って返すかえす。
    武者むしゃ五騎ごき少年しょうねん一人ひとり自身じしんれて七騎ななきかえし、 現代語訳を表示
    3: 五条ごじょうごでう三位さんみ俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃう宿所しゅくしょたま
    • でうじょう五条京都きょうと中央ちゅうおうにある東西とうざいつうじる大通おおどおりの
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • さんみしゅんぜいのき三位俊成卿藤原俊成ふじわらのしゅんぜい当時とうじ歌壇かだん第一人者だいいちにんしゃ三位さんみ位階いかい
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • しゅくしょ宿所んでいるところ住居じゅうきょ
    • 格助到達点とうたつてん…に。
    • いらっしゃる。おかけになる。
    • みる見るる。
    • 〜たまふま(も)う〜給ふ補動~なさる。お~になる。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…と。…ところ。
    五条ごじょう三位さんみ俊成しゅんぜいきょう住居じゅうきょにおいでになってごらんになると、 現代語訳を表示
    4: 門戸もんこひら
    • もんこ門戸いえ出入でいぐち
    • 格助対象たいしょう…を。
    • 助動打消うちけし…ない。
    屋敷やしきの)出入でいぐちじてひらかない。 現代語訳を表示
    5: 忠度ただのり」とのりたま
    • ただのり忠度平忠度たいらのただのりここでは自分じぶん忠度ただのりんでいる。
    • なのる名乗る・名告る自分じぶんう。
    • 〜たまふま(も)う〜給ふ補動~なさる。お~になる。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…と。…ところ。
    忠度ただのり」と(自身じしんの)名前なまえをおげになると、 現代語訳を表示
    6: 落人おちゅうとおちうとかえかへりきたりとて、そのうちさわぎあ
    • ちゅうと落人たたかいにやぶれてげてもの落人おちゅうど
    • たり助動完了かんりょう…た。…てしまった。
    • とて格助引用いんよう…とって。…とおもって。
    • うちなか内部ないぶ
    • 助動存続そんぞく…ている。…てある。
    落人おちゅうどかえってた」とって、(屋敷やしきの)なかで(人々ひとびとが)さわっている。 現代語訳を表示
    7: 薩摩守さつまのかみうまよりり、みからたからかにのたまけるは、
    • さつまのかみ薩摩守平忠度たいらのただのり平安へいあん末期まっき武将ぶしょう歌人かじん薩摩さつま現在げんざい鹿児島県かごしまけん)のくに長官ちょうかんにんじられていたのでこのようにばれる。
    • より格助空間的くうかんてき起点きてん…から。
    • から自ら自分じぶんから。自分じぶんで。
    • たからかなり高らかなり形動こえおとおおきい。
    • のたまふま(も)う宣ふおっしゃる。
    • けり助動過去かこ…た。…たそうだ。
    薩摩守さつまのかみうまからり、自分じぶんおおきなこえでおっしゃったことは、 現代語訳を表示
    8: べち子細しさいそうらさうら
    • べち特別とくべつのこと。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • しさい子細くわしい事情じじょう。わけ。
    • らふら(ろ)う候ふあります。います。
    • 助動打消うちけし…ない。
    特別とくべつ事情じじょうはありません。 現代語訳を表示
    9: 三位殿さんみどのもうまうべきことあッて、忠度ただのりかえかへまいまゐッてそうら(ろ)さうら
    • さんみどの三位殿三位さんみ位階いかい殿との敬称けいしょう俊成しゅんぜいす。
    • 格助対象たいしょう…に。
    • うす申すもうげる。
    • べし助動義務ぎむ…なければならない。
    • あり在り・有りある。いる。
    • ただのり忠度平忠度たいらのただのりここでは自分じぶん忠度ただのりんでいる。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • りま帰り参るかえして参上さんじょうする。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    三位さんみ殿どのもうげなければならないことがあって、忠度ただのりかえってまいったのでございます。 現代語訳を表示
    10: かどひらともこのまでたま」とのたま
    • 格助対象たいしょう…を。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • 助動打消うちけし…ない。
    • とも接助逆接ぎゃくせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ても。たとえ…としても。
    • あたり。そば。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • 〜たまふま(も)う〜給ふ補動~なさる。お~になる。
    • のたまふま(も)う宣ふおっしゃる。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…と。…ところ。
    もんをおけにならなくても、このあたりまでおいでになってください」とおっしゃると、 現代語訳を表示
    11: 俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃう、「さることあるらん其人そのひとならくるしかるまじ
    • しゅんぜいのきゃう俊成卿藤原俊成ふじわらのしゅんぜい当時とうじ歌壇かだん第一人者だいいちにんしゃ
    • さる然る相応そうおうの。相当そうとうな。りっぱな。
    • あり在り・有りある。いる。
    • らむ(らん)助動現在げんざい推量すいりょう…ているのだろう。なぜ…ているのだろうか。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • 接助順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ならば。
    • くるし苦し不都合ふつごうだ。支障ししょうがある。
    • まじ助動打消うちけし推量すいりょう…ないだろう。…まい。
    俊成しゅんぜいきょうは「それ相応そうおうのわけがあるのだろう。そのひとならばさしつかえないだろう。 現代語訳を表示
    12: もうまうとてかどあけて対面たいめんあり
    • いる入るれる。
    • うす〜申す補動もうげる。お~する。
    • とて格助引用いんよう…とって。…とおもって。
    • 接助対象たいしょう…を。
    • あり在り・有りある。いる。
    なかにおとおししなさい」とおっしゃって、もんけて対面たいめんがある。 現代語訳を表示
    13: ことていなにあわあはれなり
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • てい様子ようす状況じょうきょう
    • なにとなし何と無し連語なんということもない。
    • れなり形動さびしい。かなしい。
    ことの有様ありさまなんとなく悲哀感ひあいかんがある。 現代語訳を表示
    14: 薩摩守さつまのかみのたまけるは、
    • さつまのかみ薩摩守平忠度たいらのただのり平安へいあん末期まっき武将ぶしょう歌人かじん薩摩さつま現在げんざい鹿児島県かごしまけん)のくに長官ちょうかんにんじられていたのでこのようにばれる。
    • のたまふま(も)う宣ふおっしゃる。
    • けり助動過去かこ…た。…たそうだ。
    薩摩守さつまのかみがおっしゃったことは、 現代語訳を表示
    15: 年来としごろもうまううけたまわうけたまはのちおろかなら御事おんことおもらせそうらさうらども
    • としごろ年頃・年比何年なんねんものあいだ何年なんねんかのあいだ
    • うす申すねがもうげる。
    • うけたま承るいただく。おけする。
    • おろかなり疎かなり形動おろそかだ。いい加減かげんだ。並一通なみひととおりだ。
    • 助動打消うちけし…ない。
    • 格助資格しかく…で。…として。
    • 〜まらす〜参らす補動もうげる。お~する。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • ども接助逆接ぎゃくせつ確定かくてい条件じょうけん…けれども。…のに。
    何年なんねんものあいだ、おねがいして(うたの)ご指導しどうをいただいてのち、(ご厚意こういは)並一通なみひととおりでないこととして感謝かんしゃもうげておりますが、 現代語訳を表示
    16: この二三年にさんねん京都きょうときゃうとさわぎ、国々くにぐにみだれ、
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • さわぎ騒ぎ騒動そうどう騒乱そうらん
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    この三年さんねんは、京都きょうと騒動そうどう諸国しょこく争乱そうらんが、 現代語訳を表示
    17: しかしながら当家とうけたうけうえうへことそうら(ろ)さうらあいだあひだ
    • しかしながら然しながらすべて。すっかり。
    • うけ当家自分じぶん一族いちぞくここでは平家へいけのこと。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • みのう身の上連語境遇きょうぐう
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • …ので。…から。
    すべてそのまま自分じぶんいえ境遇きょうぐうかかわることでございましたので、 現代語訳を表示
    18: 疎略そらくぞんといどもつねまいまゐことそうらさうら
    • そらく疎略物事ものごとおろそかにあつかうこと。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • ぞんず存ずおもう。かんがえる。
    • 助動打消うちけし…ない。
    • といども接助逆接ぎゃくせつ確定かくてい条件じょうけん…けれども。
    • つねに常にいつも。
    • りよる参り寄るもうげる。
    • らふら(ろ)う候ふあります。います。
    • 助動打消うちけし…ない。
    (あなたさまのことを)おろそかにかんがえていたわけではないのですが、いつもこちらへうかがうということもございませんでした。 現代語訳を表示
    19: きみすでみやこさせたま
    • きみ天皇てんのう君主くんしゅ
    • すでに既にもう。もはや。
    • みやこ京都きょうと
    • 格助起点きてん…を。…から。
    • 出づはなれる。のがれる。
    • さす助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • 〜たまふま(も)う〜給ふ補動~なさる。お~になる。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。…てしまう。
    主上しゅじょうすでみやこあとになさいました。 現代語訳を表示
    20: 一門いちもん運命うんめいはやそうらさうら
    • いちもん一門一族いちぞくここでは平家へいけのこと。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • はやはやくも。すでに。
    • つく尽くわる。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。…てしまう。
    平家へいけ一門いちもん運命うんめいはやくもきてしまいました。 現代語訳を表示
    21: 撰集せんじゅうせんじふあるべきよしうけたまわうけたまはそうらさうらしか
    • せんじふじゅう撰集勅撰ちょくせん和歌わかしゅう編纂へんさん勅撰ちょくせん天皇てんのう命令めいれいにより歌集かしゅうなどをつくること。
    • 格助主格しゅかく…が。
    • あり在り・有りある。いる。
    • べし助動予定よてい予定よていだ。…ことになっている。
    • よし趣旨しゅしむね
    • うけたま承るきする。うかがう。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • 助動過去かこ…た。
    • 接助原因げんいん理由りゆう…ので。…から。
    勅撰ちょくせん和歌わかしゅうの)撰集せんじゅうがある予定よていだということをうかがいましたので、 現代語訳を表示
    22: 生涯しょうがいしゃうがい面目めんぼく
    • しゃうがい生涯一生いっしょう。このきているあいだ
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • めんぼく面目名誉めいよ
    • 格助資格しかく…で。…として。
    生涯しょうがい名誉めいよとして、 現代語訳を表示
    23: 一首いっしゅなりとも御恩ごおんうぶうどぞんじてそうらさうら
    • 〜しゅ〜首接尾漢詩かんし和歌わかかぞえるとき使つか助数詞じょすうし
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • とも接助逆接ぎゃくせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ても。たとえ…としても。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • うぶる蒙る・被るける。
    • 助動意志いし…う。…よう。…つもりだ。「む(ん)」が音韻おんいん変化へんかして「う」となったもの。
    • ぞんず存ずおもう。かんがえる。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • 助動過去かこ…た。
    • 接助逆接ぎゃくせつ確定かくてい条件じょうけん…けれども。…のに。
    一首いっしゅ(だけ)であっても(自分じぶんうたれていただいて)恩恵おんけいにあずかろうとおもっておりましたが、 現代語訳を表示
    24: やがてみだできて、その沙汰さたなくそうら(ろ)さうらじょうでう
    • やがてすぐに。即座そくざに。
    • 世間せけんなか
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • いでく出で来発生はっせいする。こる。
    • さた沙汰命令めいれい指示しじ
    • なし無しない。存在そんざいしない。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • じょこと。けん
    すぐに争乱そうらんこって、その(撰集せんじゅうの)御命令ごめいれいがありませんことは、 現代語訳を表示
    25: ただ一身いっしんなげきとぞんずるぞうら(ろ)ざうら
    • ただちょうど。まさに。
    • いっしん一身自分じぶん身一みひとつ。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • なげき嘆きかなしみ。悲嘆ひたん
    • ぞんず存ずおもう。かんがえる。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~でございます。断定だんてい助動詞じょどうし「なり」の連用形れんようけい「に」に補助動詞ほじょどうしさうらふ」がいた「にさうらふ」が変化へんかしたもの。丁寧ていねい断定だんていあらわす。
    まったくわたしにとってのなげきとおもっております。 現代語訳を表示
    26: まりそうらさうら勅撰ちょくせんおん沙汰さたそうらさうらんずらむ
    • 世間せけんなか
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • 助動完了かんりょう…た。…てしまった。…てしまう。
    • 接助順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ならば。
    • ちょくせん勅撰天皇てんのう命令めいれいにより歌集かしゅうなどをつくること。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • さた沙汰命令めいれい指示しじ
    • らふら(ろ)う候ふあります。います。
    • むず(んず)助動推量すいりょう…だろう。
    • らむ(らん)助動推量すいりょう…だろう。
    なか平穏へいおんになりましたら、きっと勅撰ちょくせん御命令ごめいれいがあるでしょう。 現代語訳を表示
    27: これそうら(ろ)さうら巻物まきものうち
    • 格助場所ばしょ…に。…で。
    • らふら(ろ)う候ふあります。います。
    • まきもの巻物かみきぬじくいてつくった書物しょもつ
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • うちなか内部ないぶ
    • 格助場所ばしょ…に。…で。
    ここにあります巻物まきものなかに、 現代語訳を表示
    28: さりべきものそうらさうら
    • さり然りそうだ。そのとおりだ。
    • 助動強意きょういきっと…。
    • べし助動適当てきとう…のがよい。
    • らふら(ろ)う候ふあります。います。
    • 接助順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ならば。
    もし(勅撰ちょくせん和歌わかしゅうれるのに)適当てきとううたがありますならば、 現代語訳を表示
    29: 一首いっしゅなりとも御恩ごおんこうぶかうぶッて、
    • 〜しゅ〜首接尾漢詩かんし和歌わかかぞえるとき使つか助数詞じょすうし
    • なり助動断定だんてい…だ。…である。
    • とも接助逆接ぎゃくせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ても。たとえ…としても。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • うぶる蒙る・被るける。
    一首いっしゅ(だけ)であっても恩恵おんけいにあずかって、 現代語訳を表示
    30: くさかげにてもうれしとぞんそうらさうら
    • くさのかげ草の陰連語墓所ぼしょ死後しごところ
    • にて格助場所ばしょ…で。…において。
    • ぞんず存ずおもう。かんがえる。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • 接助順接じゅんせつ仮定かてい条件じょうけんもし…ならば。
    (そのことをわたしが)死後しご世界せかいにおいてでもうれしいとおもいますならば、 現代語訳を表示
    31: とおとほおんまもりでこそそうらさうらんずれとて
    • まもり守りまもること。守護しゅごすること。
    • …で。断定だんてい助動詞じょどうし「なり」の連用れんよう「に」に接続助詞せつぞくじょし「て」がいた「にて」がてんじたもの。
    • こそ係助強意きょうい…こそ。
    • らふら(ろ)う〜候ふ補動~です。~ます。
    • むず(んず)助動推量すいりょう…だろう。
    • とて格助引用いんよう…とって。…とおもって。
    きっと(それは)とおい(あのからのあなたさまにとっての)おまもりでございましょう」とって、 現代語訳を表示
    32: 日比ひごろみおかたるうたどもなか
    • ひごろ日頃・日比普段ふだん。いつも。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • 〜ども接尾おおくの~。
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • 格助場所ばしょ…に。…で。
    常日頃つねひごろみおかれていたおおくのうたなかで、 現代語訳を表示
    33: 秀歌しゅうかしうかとおぼしき百余首ひゃくよしゅきあつめられたる巻物まきもの
    • しゅうか秀歌すぐれたうた
    • おぼし思し・覚しそうおもわれる。そのようにられる。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • 〜しゅ〜首接尾漢詩かんし和歌わかかぞえるとき使つか助数詞じょすうし
    • らる助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • まきもの巻物かみきぬじくいてつくった書物しょもつ
    • 格助対象たいしょう…を。
    すぐれたうたおもわれるものを百首ひゃくしゅあまあつめなさってある巻物まきものを、 現代語訳を表示
    34: いまとてうッたたけるときこれとッてもたたり
    • とて格助引用いんよう…とって。…とおもって。
    • うち〜接頭おもって。すっかり。
    • たつ立つ出発しゅっぱつする。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • けり助動過去かこ…た。…たそうだ。
    • 格助対象たいしょう…を。
    • 助動尊敬そんけい…なさる。お…になる。
    • たり助動存続そんぞく…ている。…てある。
    • 助動過去かこ…た。
    • 接助偶然ぐうぜん条件じょうけん…が。…と。…ところ。
    いまは(都落みやこおちをしよう)」ということで出発しゅっぱつなさったとき、これをっておちになっていたのだが、 現代語訳を表示
    35: よろいよろひひきあよりでて、俊成卿しゅんぜいのきょうしゅんぜいのきゃうたてまつ
    • よろ胴体どうたい保護ほごする武具ぶぐ
    • 格助連体れんたい修飾しゅうしょくかく…の。
    • ひきあ引き合はせよろい右側みぎがわにある、よろいまえうしろをわせる部分ぶぶん
    • より格助空間的くうかんてき起点きてん…から。
    • とりい取り出づす。
    • しゅんぜいのき俊成卿藤原俊成ふじわらのしゅんぜい当時とうじ歌壇かだん第一人者だいいちにんしゃ
    • 格助対象たいしょう…に。
    • たてまつる奉るさしあげる。
    (その巻物まきものを)よろいわせからして、俊成しゅんぜいきょうにさしあげる。 現代語訳を表示

    現代語訳げんだいごやく

    薩摩守さつまのかみ忠度ただのりは、どこからもどってこられたのだろうか、武者むしゃ五騎ごき少年しょうねん一人ひとり自身じしんれて七騎ななきかえし、五条ごじょう三位さんみ俊成しゅんぜいきょう住居じゅうきょにおいでになってごらんになると、(屋敷やしきの)出入でいぐちじてひらかない。「忠度ただのり」と(自身じしんの)名前なまえをおげになると、「落人おちゅうどかえってた」とって、(屋敷やしきの)なかで(人々ひとびとが)さわっている。薩摩守さつまのかみうまからり、自分じぶんおおきなこえでおっしゃったことは、「特別とくべつ事情じじょうはありません。三位さんみ殿どのもうげなければならないことがあって、忠度ただのりかえってまいったのでございます。もんをおけにならなくても、このあたりまでおいでになってください」とおっしゃると、俊成しゅんぜいきょうは「それ相応そうおうのわけがあるのだろう。そのひとならばさしつかえないだろう。なかにおとおししなさい」とおっしゃって、もんけて対面たいめんがある。ことの有様ありさまなんとなく悲哀感ひあいかんがある。

    薩摩守さつまのかみがおっしゃったことは、「何年なんねんものあいだ、おねがいして(うたの)ご指導しどうをいただいてのち、(ご厚意こういは)並一通なみひととおりでないこととして感謝かんしゃもうげておりますが、この三年さんねんは、京都きょうと騒動そうどう諸国しょこく争乱そうらんが、すべてそのまま自分じぶんいえ境遇きょうぐうかかわることでございましたので、(あなたさまのことを)おろそかにかんがえていたわけではないのですが、いつもこちらへうかがうということもございませんでした。主上しゅじょうすでみやこあとになさいました。(平家へいけ一門いちもん運命うんめいはやくもきてしまいました。(勅撰ちょくせん和歌わかしゅうの)撰集せんじゅうがある予定だということをうかがいましたので、生涯しょうがい名誉めいよとして、一首いっしゅ(だけ)であっても(自分じぶんうたれていただいて)恩恵おんけいにあずかろうとおもっておりましたが、すぐに争乱そうらんこって、その(撰集せんじゅうの)御命令ごめいれいがありませんことは、まったくわたしにとってのなげきとおもっております。なか平穏へいおんになりましたら、きっと勅撰ちょくせん御命令ごめいれいがあるでしょう。ここにあります巻物まきものなかに、もし(勅撰ちょくせん和歌わかしゅうれるのに)適当てきとううたがありますならば、一首いっしゅ(だけ)であっても恩恵おんけいにあずかって、(そのことをわたしが)死後しご世界せかいにおいてでもうれしいとおもいますならば、きっと(それは)とおい(あのからのあなたさまにとっての)おまもりでございましょう」とって、常日頃つねひごろみおかれていたおおくのうたなかで、すぐれたうたおもわれるものを百首ひゃくしゅあまあつめなさってある巻物まきものを、「いまは(都落みやこおちをしよう)」ということで出発しゅっぱつなさったとき、これをっておちになっていたのだが、(その巻物まきものを)よろいわせからして、俊成しゅんぜいきょうにさしあげる。